NPO法人里山環境保全みどり会
                               

住んでいる地域を知ろう

5月22日、広島市立春日野小学校4年生の総合学習がNPO法人里山環境保全みどり会の活動拠点である鹿ケ谷ふれあい広場で実施した。3班に分れて、‥庫沼罎ら広島市内を眺める▲Ε汽とニワトリの見学、鹿ケ谷ふれあい広場の周辺の散策を順番に回って、その後は、A班は池と水路のつくり方の学習、B班は登山道、展望台のつくり方とカブトムシの学習、C班は炭窯のつくり方と炭の学習をそれぞれ行って、最後はステージ広場に全員集まって、山本地区の生きものや自然について解説した。

 
   

きょうのテーマを張り出した。
4年生166名がお行儀よくすわっている。
熱心にメモを取っている。
カブトムシの幼虫を見ている。
昨年7月6日の土石流災害のあった発生個所を見るために遊歩道を登っている。
池の様子を観察している。
池の中ではヤマアカガエルのオタマジャクシが泳いでいる。池の上に枝を伸ばしたモミジの枝にはモリアオガエルのタマゴの泡がぶらさがっている。
炭窯と炭の学習をしている。
水路のつくり方の学習をしている。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット