湯来ふるさとプロジェクト
                               

森の巨人・四本杉に会いに行こう!

4月27日(日)湯来町の東郷山にある、四本杉に会うために出かけました。
今回の目的は、|聾掬鰺萃に住む私たちが四本杉に会うことと、東郷山のブナ・モミ・ナラに樹木説明板を取り付けることでした。
総勢13人。県山岳連盟の安藤さんをリーダーに四本杉を目指しました。
四本杉はやっぱり雄々しかったです。本当に声もなく、見上げてばかりでした。
山頂から四本杉までの間、そそり立つ巨木が多くて素敵でした。雄大でした。

今回は、湯来町砂谷地区からあがって、水内地区へ下りるコースでした。
それで、登山の前に「白井(しらい)の滝」を見ました。さすが!素敵な滝でした。
東郷山山頂でまでの、楽しくて苦しい道のりは省略…。みんな元気に山頂に到着して、お弁当を食べました。
その後、今日取り付ける説明板の裏にみんなの名前を書きました。「この看板は、おれたちがつけたんだぞ!」というアピールです。看板は「20年は十分持つ」という立派なもの。看板をピロッとめくるとその木に関するウンチクと「へえ〜」が記されています。全て内容が違いますから、全部めくってね。
こんな感じで説明板をつけています。二つの目的は達成!!心地よい疲労に、満足満足!!
ちょっとハイキング気分では会えない四本杉ですが、新緑が良いこの時期、ぜひ東郷山に出かけてみてください。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット