NPO法人里山環境保全みどり会
                               

石垣崩落

熱海市で土砂災害があったころ、NPO法人里山環境保全みどり会の活動拠点の鹿ケ谷ふれあい広場もあちこと崩れたり穴があいたりしている。

いきいき菜園の上をカーポートのある休憩所にしているが、ここの石垣が崩れた。すぐに吉野さんと丹羽さんの二人で大きな石を積み上げた。重機も使わず、人力だけで、あっという間に元通りの石垣になった。

 
   

ゴロゴロと転がった石を抱え上げる。そして、土の中に埋まった石を掘り出すが、土がどろどろのため石が吸い付くので動かない。小生は手も足も出ない。情けないが、ただみているだけだった。
活動拠点にした2007年頃はここの石垣は山の斜面だった。そこを石を集めて積み上げて土を入れて、広場にしたところだから、本格的な石積ではなかったので、崩れてもしかたがない。
シャベルとクワだけの作業である。
小生が動かそうとしてもびくともしない石をさげて積み上げている。
この石垣が二人で積み上げたなんて誰も思わないだろう。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット