NPO法人里山環境保全みどり会
                           

ニワトリさんと遊ぼう

NPO法人里山環境保全みどり会の活動拠点である鹿ケ谷ふれあい広場ではウコッケイとチャボを飼育しています。
生きものを飼うってことは毎日餌を与えないといけないので、生きもの係の方は雨が降っても風が吹いても鹿ケ谷ふれあい広場に来なければなりません。いまどきの寒いときは、与えた水も凍ってしまうので、水の心配もしなければなりません。

 昔は学校でもニワトリやウサギを飼っていましたが、いまではいろいろな問題があって飼えなくなっています。鳴き声が大きくて家庭でも近所迷惑になるということで飼えません。

 ここでは遊びに来た方がみどり会の会員がいる時は自由に触れるようにしています。興味のある方はぜひ、お越しください。

小屋は全部で3つあります。
広々としていて、毎日掃除をしていますからとても清潔です。
夜になるといろいろな野獣が出てきます。錠をちゃんとしておかないと食べられてしまいます。
素人の作った小さな小屋ですが、とても立派な小屋です。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット