NPO法人里山環境保全みどり会
                             

山本小の参観日

2017.11.18(2018.1.10再登録)
広島市立山本小学校では各学年の総合学習の中で、「ふるさと山本」の学習をしています。そして、NPO法人里山環境保全みどり会は、毎年4年生を担当し、ふるさとの勉強のお手伝いをしています。今回は、参観日に父兄の前で、学習の成果発表会です。〔攅グループ⊃∧グループカブトムシグループっ詐討グループイのこグループと班別で発表がありました。講師をした担当者が5クラス全部が聞けるように、発表順序を組んでいただいたので、発表が終わるたびに1階から3階を上下して、いい運動になりました。
さて、児童の発表はすばらしくて、いろいろ教えてあげた以外のことまで調べて、よく勉強しているなと感心しました。小生のの担当したグループで、昨年度もフィボナッチ数ということばは難しすぎるかなあと思いながら説明したら大きな反響がありましたから、ことしもこの言葉を説明しました。すると、1組さんから5組さんのどの組も説明の中に織り込んでいたのにはびっくりしました。でも、小生の話を直接聞いた児童は理解できても発表会を聞いたみなさんには難しくて理解できなかったと思います。

発表した児童のみなさん、担任の先生、そして校長先生、お疲れさまでした。そして、ありがとうございました。私たちももっともっとスキルアップして、たくさんの人たちに愛される「ふるさと山本」を創造していきたいと意欲がなお一層湧いてきました。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット