やのみー探検隊
                               

絵下山生き物観察会2016春編

2016年4月23日(日)、安芸区役所主催の「絵下山生き物観察会」に協力しました。
今回の講師は広島県環境保健協会の和田先生と原先生。

本命は「ギフチョウ」でしたが、「らしきチョウ」がチラリと見えただけでした。

サンヨウアオイの花、レプラゴケに潜むコマダラウスバカゲロウの幼虫など「超地味」な動植物に興味が持てるように、講師の先生が紹介してくださいました。

また、広島県絶滅危惧粁爐離織錺筌皀蠅陵颪粒未魍稜Г靴泙靴拭タワヤモリ、いるんですね。

 
   

サンヨウアオイの花。葉より下に地味な花が咲く。
ここに昆虫がいます。地味どころか見えない。
レプラゴケに潜むコマダラウスバカゲロウの幼虫
岩の隙間に絶滅危惧種タワヤモリの卵の殻。
たぶん絵下山では初確認。
ギフチョウに出会えず、ビロードツリアブを観察。ミツバチだと思っていた。
コバノガマズミとミヤマガマズミの違いを確認。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット