安佐南区農林課
                               

森いきいき戸山林業体験教室(平成25年4月)

 広島市安佐南区沼田町吉山地区の里山で「森いきいき戸山林業体験教室」を開催しています。
 教室では、竹林の手入れやキノコ栽培の体験を通じて、森林と林業への理解を深めます。指導してくださるのは、地元“上吉山(かみよしやま)営農組合”の皆さんです。

*平成25年度の活動計画*
 。慣遑械案(火)  タケノコ掘りと山菜採取
◆。祁遏。稿(火)  竹林整備と竹細工
 9月10日(火)  炭づくりと流しそうめん
ぃ隠鰻遑隠夏(火)  竹林整備と炭づくり
ァ。卸遑隠呼(火)  シイタケ栽培教室


 第1回目(4月30日)は、タケノコ掘りと山菜採取を行いました。

 竹林には、たくさんのタケノコが顔をのぞかせています。土の中から少しだけ頭が出ているものから、50センチ以上もあるものまで…!
 重たい鍬(くわ)の扱いに苦戦しながらも、地元スタッフの指導のもと、楽しく掘りました。
 大きくなりすぎて食べられないタケノコも、竹林が荒れないようにするため倒します。これも竹林整備の一環です。

 タケノコ掘りを十分に楽しんだ後、山菜採取を体験しました。地元スタッフに山菜が自生している場所を案内してもらい、ワラビやフキなどを採りました。
 ワラビは、先端がくるっと巻いているものが食べごろ。 葉っぱの開いているものは硬くて食べられないとのことです。

 その後、地元産の新鮮な野菜や加工品を販売する「おすそわけ市」が開かれ大人気でした。

 お昼には、地元女性会のお母さん達が用意してくださったタケノコご飯やお汁をいただき、第1回目の活動を終えました。


 
   

こんなに大きなタケノコ、
初めて見たよ!
バケツリレー?
いいえ、タケノコリレーです。
草むらの中から
ワラビを見つけます。
大収穫のタケノコを前に
記念撮影☆
地元農家自慢の新鮮野菜が
ならぶ「おすそわけ市」
美味しいご飯に
会話も弾みました。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット