大人のかくれ家倶楽部
                               

「親子ふれあいのつどい」に参加

夏休みの真っ最中、口田公民館で「親子ふれあいのつどい」が開かれた。
口田東・口田・落合地区の各青少年健全育成連絡協議会、子ども会育成協議会、女性会、児童館、母親クラブ、公民館が協力して毎年「親子ふれあいのつどい」実行委員会が実施し、今年で25回目となる。開会は〜太鼓(落合児童館)、▲劵奪廖Ε曠奪廖Ε瀬鵐(口田東児童館)、O詑生(上矢口郷土芸能保存会 和太鼓“翔”)で賑やかにオープンした。各会場では作品の展示、色々な工作やアートバルーンなど作って遊ぶコーナー、ストラックアウトやめだかすくい等のあそびコーナー、子ども映画館があり、好きなところで色々楽しんでいた。
「大人のかくれ家」倶楽部も何か地域に貢献できるものはないかと今回の「親子ふれあいのつどい」に参加することにし、朝早くから会場に来て材料や道具の準備にかかった。竹トンボ、弓矢、小鳥の巣箱、メダル、どんぐりの動物、アクセサリー、ピンビーズなど予定している。

用意した材料も人気のお陰で少なくなり、追加の準備等で「大人のかくれ家」メンバーは大変だ!子ども達には北京オリンピックの影響か?メダル作りにも人気が集まり、自由な発想で作った木に色を塗っていた。
「大人のかくれ家」の出店コーナーである「あそびの城」では、色々な工作とピンビーズが体験できるようにした。開店と同時に終始大勢の子ども達で賑わった。夏休みも終盤に入るので、宿題にでもする策略か?それはどうでも結構であるが、小さな子どもさんを連れて心配そうに眺めている様子が多く見られた。
終了時間がきてもご覧の通り「大人のかくれ家」メンバーと子ども達、そして多くの保護者で会場は賑わい嬉しい悲鳴をあげた。よし!来年はもっとスケールアップして親子のふれあいが出来るよう考えることとした。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット