大毛寺連合町内会
                               

福王寺・観音坂参道整備

平成22年11月20日(土)
昨年11月14日、展望台広場周辺に山桜の苗木20本を植樹。
鹿の食害に備え約1.5メートルのメッシュ保護カバーを取り付けておいたが、約1年でカバーを超えてしまい先端の芽の部分を鹿にやられてしまった。
今回の作業は、保護カバーの下に金網のカバーを継足し、高さを確保し、鹿に備える事を中心に作業を実施した。

∈邏帆阿両態。
6睫屬魏湛。
ぅ瓮奪轡紊諒欷逎バーを上にずらして。
ズ元に金網のカバーを取り付ける。
20本すべてに取り付け終了。
Щ夏擦僚蠅匹海蹐砲海亮命燭里茲Δ法台風等の強風で倒れた杉や檜の倒木や立ち枯れの松などがあり、年数が経ち枯れて危険なところがある。
┯呂譴討い襪ら簡単に切れると思い、小型のチェンソウで直径約60センチの枯れ松を倒しにかかったが、なんと側の5センチぐらいが腐っていただけで、それから真に向けては生で、大変な思いをして倒した。
立ち枯れ松の処理。
 思った方向に倒せる。
枝処理をして、邪魔にならないところへ移動。
足場の悪いところを補修。
土を掘り石を並べる。
本日の参加者19人。
約4時間の作業で本日の予定作業は終了。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット