広島市湯来ニューツーリズム推進実行委員会
                               

平成19年度「森づくり県民税」による報告  2/24湯来のHONMONきこり体験(薪割り&燻製づくり)

前々日から降り続いた雪のおかげで開催が危ぶまれましたが、参加者の皆様の熱い思いと急きょ送迎車(4WD・スタッドレス装着)を用意したスタッフのおかげで何とか開催できました。

参加者の方々には雪の中、薪割りに調理に頑張って頂きました。
降雪の為、昼食は独特の雰囲気のある湯来の「鎮守の森」でいただく事はできませんでしたが、焚き火を囲みながらの何気ない会話が雪が降る中、良い感じでした。

今回デビュー(森づくり税で購入させて頂いた)したマキタの電動充電式チェーンソーもエンジン式と違い殺気?(怖さ)が全く無くちょっとした伐木材の玉切りにはピッタリです。子供でも扱えそうなので、今後色々と使えそうです。

★ちなみに↓↓↓↓↓のチラシの左に記載されている「間伐体験」ですが今回以上の凄まじい降雪の為中止になりました。

 
   

廃材のいっと缶を加工してパン焼きオーブン。付け合せのプチピタパンを焼きました。出来立てつまみ食いが最高でした。
海老ナタで薪を程よい(燃やしやすい)サイズに。この参加者の方は何十年ぶりかの薪割りで、すぐに昔の感を取り戻され、インストラクターも真っ青!
チキン・チーズなどの燻製づくり。燻製づくりの肝は燻す温度。参加者の方に火の具合を見守っていただいています。やはり、いっと缶を加工した燻製機。すみれに谷 賀島さん(インストラクター)のオリジナル。

前のページへ戻る
広島市の森づくり情報 ひろしま森づくりコミュニティネット